燦ホールディングス株式会社

燦ホールディングスについて

社長メッセージ

会社概要

組織一覧

会社沿革

事業特性

グループ会社一覧

コンプライアンスへの取り組み

リスクへの取り組み

環境への取組み

社会貢献活動について

メディア掲載紹介

ディスクロージャー

メディア紹介

お問い合わせ

燦ホールディングスグループの個人情報の取り扱いについて

株価情報(20分遅れ)

Group Company
グループ会社一覧
 公益社(葬儀社)
首都圏・近畿圏での葬祭サービス
 葬仙(葬儀社)
鳥取・島根での葬祭サービス
 株式会社タルイ(葬儀社)
明石・神戸・加古川での葬祭サービス
 エクセル・サポート・サービス
(警備・清掃施設管理の受託、葬祭関連サービス)

警備・清掃施設管理の受託
料理の提供
燦ホールディングスについて 株主・投資家の皆様へ 業務提携をお考えの方へ 採用について

トップページ > 燦ホールディングスについて > メディア掲載紹介

メディア掲載紹介



●『青春ブレイクスルー』壇蜜
 (NHK BSプレミアム 2014年8月13日放送)

NHK BSプレミアム「『青春ブレイクスルー』壇蜜篇」にて、エンバーマーを目指す場面の撮影におきまして、当社のエンバーマーが技術指導を行いました。
ページの先頭へ

●米子で葬仙いきいき杯 GG
 (日本海新聞 2014年5月21日)

葬仙の営業エリアである鳥取市米子市の地域活性化の一環として毎年開催する「第4回葬仙いきいき杯 親善グランド・ゴルフ大会」(葬仙主催、新日本海新聞社共催)に710名の方が参加されました。

メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
日本海新聞 2014年5月21日
この記事は、新日本海新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●ちちんぷいぷい
 (毎日放送・MBS 2014年2月21日放送)

毎日放送(MBS)「ちちんぷいぷい」の『先取り!大吉トレンディ』にて、終活最新情報をテーマに、公益社「終活広場」(大阪府箕面市)のご案内のほか、公益社の終活イベントについて紹介されます。
ページの先頭へ

●無料情報誌を刷新〜葬仙、「つむぐ」創刊〜
 (日本海新聞 2014年2月15日)

葬仙が創刊したフリーペーパー「つむぐ」が日本海新聞にて紹介されました。「つむぐ」は、人に焦点を当て、生き方や考え方に読者が共感できる内容を目指しています。

メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
日本海新聞 2014年2月15日
この記事は、新日本海新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●小谷真生子のKANDAN
 (BSジャパン 2014年2月16日・23日放送)

BSジャパン「小谷真生子のKANDAN」にて、社長の古内が葬儀や終活に関わること、業界の特徴や経営戦略等について対談形式でお話するほか、公益社会館たまプラーザの特徴や公益社の様々なサービスについて紹介されます。
ページの先頭へ

●ワールドビジネスサテライト
 (テレビ東京系列 2014年2月12日放送)
 (BSジャパン   2014年2月13日放送)

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の『リーダーズインタビュー』にて、当社の経営方針およびサービスについて紹介されました。
ページの先頭へ

●米子で葬仙杯大会770人
 (日本海新聞 2013年5月22日)

葬仙の営業エリアである鳥取県米子市の地域活性化の一環として実施する「葬仙いきいき杯親善グラウンド・ゴルフ大会」(葬仙主催、新日本海新聞社共催)が本年で第3回開催となり、日本海新聞におきましてその取り組みが紹介されました。

メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
日本海新聞 2013年5月22日
この記事は、新日本海新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●野村證券株式会社主催「ハッピーライフセミナー」にて当社のセミナーを開催しています。

ハッピーライフセミナー

ページの先頭へ

●「第36回日本死の臨床研究会年次大会」(2012年11月3日・4日)のシンポジウムにて『葬儀社によるグリーフケア−ひだまりの会の軌跡−』を発表しました。
また、開催期間中、エンバーミング(遺体衛生保全)に関するポスター展示・発表も行いました。

「第36回日本死の臨床研究会年次大会」は、国立京都国際会館にて2日にわたって特別講演、シンポジウム、事例検討等が実施されました。公益社は、シンポジウム4「グリーフケアの今とこれから」にて、『葬儀社によるグリーフケア−ひだまりの会の軌跡−』を発表しました。

メディア掲載情報
『死の臨床』第36回日本死の臨床研究会プログラム・予稿集
(発行:日本死の臨床研究会/発行日:2012年9月28日)
「ひだまりの会」の概要
※第36回日本死の臨床研究会プログラム・予稿集より一部抜粋
「ひだまりの会」は、2003年12月に発足し、今年2012年12月で満9年を迎える。本会は、葬儀社が主催する遺族会として、参加者36名からスタートした。当初は、先行するセルフヘルプグループやサポートグループなどをモデルに、遺族支援に携わる専門家の指導を受けながら、本会の運営を行った。その間、本会スタッフは、継続参加の遺族と、初回参加の遺族との悲嘆の程度差による軋轢、継続参加の遺族のライフサポートに対するニーズの高まりなどの運営上の問題や、年々増加する遺族を収容する会議施設の制限といった物理的問題に対応するなど、日々、試行錯誤の連続であった。
しかし、遺族の有志が本会運営に参加する自治的運営方式を導入することにより、本会運営を軌道に乗せることができた。2012年3月現在、「ひだまりの会」の会員数は、750名を達した。初回参加の遺族と2回から6回程度の継続参加の遺族を対象に開催する「グリーフサポート月例会」、そして悲嘆から回復傾向にある遺族を対象にしたライフサポート「ひだまりサロン」を含めた本会の参加者は延べ9,003名にものぼる。
ページの先頭へ

●亡き妻 悲しみ埋めるため〜体験語り合い 立ち直り手助け〜
 (朝日新聞朝刊 2012年7月10日)

朝日新聞朝刊におきまして、当社グループの中核会社である公益社の遺族サポート「ひだまりの会」の会員の方の体験談が紹介されました。大切な人を亡くして悲嘆に苦しみ、そこから徐々に立ち直っていくまでのことについて専門家の視点でも解説されています。

メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
朝日新聞朝刊 2012年7月10日
この記事は、朝日新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●高齢者の日常生活も支援
 (産経新聞朝刊 2012年6月19日)

産経新聞朝刊の連載コラム「直球緩球」におきまして、当社グループの「生前準備」に関わる取り組みや事業内容について紹介されました。

メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
産経新聞朝刊 2012年6月19日
この記事は、産経経済新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●団塊65歳 新巨大市場 介護、住宅、葬儀…不安に応える
 (産経新聞朝刊 2012年5月8日)

産経新聞朝刊の連載記事「団塊65歳 新巨大市場」におきまして、葬儀業界最大手の事例として、公益社(燦ホールディングス)が紹介されました。

メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
産経新聞朝刊 2012年5月8日
この記事は、産経経済新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●最後の別れ 心ゆくまで 〜エンバーミング〜
 (讀賣新聞夕刊 2012年2月16日)

讀賣新聞夕刊「心」のページにおいて、エンバーミング(遺体衛生保全)が日本でも広がりつつあるという視点から、公益社エンバーミングセンターが紹介されました。

メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
讀賣新聞夕刊 2012年2月16日
この記事は、読売新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●遺族の心に寄り添う(連載5回)
 (シルバー新報 2011年5月27日/6月3日/6月10日/6月24日/7月1日)

環境新聞社が発行する「シルバー新報」(毎週金曜日発行)において、「遺族の心に寄り添う」というテーマで代表取締役社長 古内 耕太郎の随筆が掲載されました。

メディア掲載情報(5月27日) メディア掲載情報(6月3日) メディア掲載情報(6月10日)

メディア掲載情報(6月24日) メディア掲載情報(7月1日)


上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
シルバー新報2011年5月27日/6月3日/6月10日/6月24日/7月1日
この記事は、環境新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●葬儀会社のトップランナーとして業界をリードする唯一の東証・大証一部上場企業
 (週刊ダイヤモンド 2011年4月30日、5月7日合併号/ダイヤモンド・オンライン)

「週刊ダイヤモンド」および「ダイヤモンド・オンライン」におきまして、葬儀を取り巻く現状と当社グループの事業内容について紹介されました。「ダイヤモンド・オンライン」にも掲載されています。

メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
週刊ダイヤモンド 2011年4月30日、5月7日合併号
この記事は、矢動丸プロジェクトの許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●Leader & Innovation 賢者の選択
 (BS11 2011年5月1日10:00〜10:55放送/日経CNBC 2011年5月1日12:00〜12:55放送/
 サンテレビ 2011年5月2日22:00〜22:55放送)

TV番組「Leader & Innovation 賢者の選択」におきまして、遺族サポート「ひだまりの会」など、グリーフケアに関する当社グループの取り組みが紹介されました。また、番組放映後、ネット上で動画配信中です。賢者の選択
ページの先頭へ

●出版記念特別対談 〜これからのグリーフケアを語る〜
 (月刊「仏事」 2011年4月号)

メディア掲載情報 滑剔q新書が発行する月刊「仏事」2011年4月号において、書籍『グリーフケア −見送る人の悲しみを癒す− 〜「ひだまりの会」の軌跡〜』の著者である、代表取締役社長 古内 耕太郎と
関西学院大学准教授 坂口 幸弘氏の対談記事が掲載されています。

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
月刊「仏事」2010年4月号
この記事は、鎌倉新書の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●『グリーフケア −見送る人の悲しみを癒す− 〜「ひだまりの会」の軌跡〜』
 (発行:毎日新聞社/発行日:2011年3月20日)

メディア掲載情報 毎日新聞社から代表取締役社長 古内 耕太郎と
関西学院大学准教授 坂口 幸弘氏との共著により、
グリーフケアをテーマとした書籍が、3月20日(日)に発売されました。
学術的な視点でのグリーフケア、グリーフケアと葬儀の関連性、
そして、ご遺族の体験談および褐益社の遺族サポート「ひだまりの会」の
活動がまとめられています。

本書は、書店およびインターネット通販「amazon.co.jp」にて発売中です。
ページの先頭へ

●受け継がれていくもの(連載3回)
 (月刊誌「旅行読売」 2010年12月号/2011年1月号/2011年2月号)

旅行読売出版社が発行する月刊誌「旅行読売」において、「受け継がれていくもの」というテーマで代表取締役社長 古内 耕太郎の随筆が掲載されました。

メディア掲載情報 メディア掲載情報 メディア掲載情報

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
月刊誌「旅行読売」2010年12月号/2011年1月号/2011年2月号
この記事は、旅行読売出版社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●のこされた人々の心を癒やし、メッセージとなる儀式を
 (リビング新聞 2010年10月30日)

メディア掲載情報 リビング新聞社が発行する「リビング新聞」(関西圏で配布)、『登場』と言うインタビューコラムにおいて古内社長による最近の葬儀事情と葬儀に対する考え方などについて紹介されました。

左記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
リビング新聞 2010年10月30日
この記事は、リビング新聞社の許諾を得て掲載しております。
ページの先頭へ

●クローズアップ現代
 (NHK 2010年10月4日放送)

NHK番組「クローズアップ現代」、『男ひとり残されて』というテーマにおいて公益社の遺族サポート「ひだまりの会」が紹介されました。
ページの先頭へ

●週刊東洋経済 BOOKS「相続、事業承継、葬儀・墓 超入門」
 (東洋経済新報社 2010年9月23日)

「第3部葬儀・墓」の3つ目のテーマとして「死別の悲しみに向き合う 注目を集めるグリーフケア」というタイトルで、燦ホールディングスグループの中核となる葬儀会社の公益社が運営する遺族サポート「ひだまりの会」(配偶者を亡くした人を中心としたサポートグループ)の活動内容が紹介されています。
ページの先頭へ

●遺族の心 そっと包む 医療現場 勉強会が盛況 エンゼルメイク/言葉のかけ方
 (産経新聞2010年8月11日付夕刊)

メディア掲載情報 左記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
産経新聞2010年8月11日付夕刊
この記事は、産経新聞社の許諾を得て掲載しております。

ページの先頭へ

●週刊朝日 MOOK 2010終活マニュアル「わたしの葬式 自分のお墓」
 (朝日新聞社出版 2010年6月10日)

記事「業界の目利きに聞いた注目葬儀社22」(P52〜P55)において、公益社が3名の専門家から推薦を受けました。
推薦文(抜粋):業界を牽引する存在として、業界の方向性が他社に大きな影響を与えている。従業員が十分に教育されており、対応が迅速。中小企業程度の規模がほとんどの葬儀社のなか、先駆けて株式上場に挑戦した姿勢を評価したい。
ページの先頭へ

●広角鋭角 葬送の行方D 〜
 (日本経済新聞 2010年4月23日号夕刊)

故人を生前の自然な姿に戻すエンバーミング(遺体衛生保全)が遺族のグリーフケアにつながるという視点から、公益社エンバーミングセンターが紹介されました。
ページの先頭へ

●パスファインダー 〜活路はどこに 〜
 燦ホールディングス(株)代表取締役社長 古内 耕太郎
 (日経MJ 2010年4月14日号9面)

葬儀業界の現状分析、10年ビジョンの考え方、そして需要の拡大が予測される遺族向け生活支援
サービスの事業化等に関するインタビューが掲載されました。
ページの先頭へ

●公益社 千里会館が第3回いいでしょこのまち賞 まちなみ部門で表彰されました。

メディア掲載情報 メディア掲載情報 メディア掲載情報

ページの先頭へ

●らいふプラス 〜香りの演出 技あり!?〜
 (日本経済新聞 2010年2月15日夕刊)

公益社用賀会館に設置したアロマ装置についての取材記事が一部掲載されました。
用賀会館では遺族の気持ちが少しでも楽になればと、会館内を四季に応じて異なった香りで演出しており、その取り組みが掲載されました。
ページの先頭へ

●Go!Golの取材インタビューが掲載されました。
 (ゴーゴル 第29号 2010年1月)

メディア掲載情報 メディア掲載情報

ページの先頭へ

●関西事業承継フォーラム
 (日本経済新聞2009年12月22日付朝刊)

メディア掲載情報 左記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
日本経済新聞2009年12月22日付朝刊
この記事は、日経新聞社の許諾を得て掲載しております。

ページの先頭へ

●公益社千里会館が第28回大阪都市景観建築賞にて奨励賞を受賞

メディア掲載情報 メディア掲載情報

ページの先頭へ

●スーパーニュースアンカー
 (関西テレビ 2009年3月10日放送)

関西テレビ番組「スーパーニュースアンカー」において、「デスケア」をテーマに、公 益社エンバーミングセンター・フューネラルサイエンスカレッジが紹介されました。
ページの先頭へ

●スーパーニュースアンカー
 (関西テレビ2008年12月15日放送)

関西テレビ番組「スーパーニュースアンカー」において『特報アンカー 遺族の心を癒やすグリ―フケア〜最愛の人との別れから 新たな一歩へ』をテーマに、公益社ひだまりの会が紹介されました。
ページの先頭へ

●特集1179
 (MBSラジオ2008年12月6日放送)

毎日放送(MBSラジオ)番組「特集1179」において『実録・おくりびと』をテーマに公益社エンバーミングセンターが紹介されました。
ページの先頭へ

●縁それぞれ 寄り添う人B エンバーマー橋詰知子さん
 (読売新聞2008年11月21日付朝刊)

メディア掲載情報 左記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。
讀賣新聞2008年11月21日付朝刊
この記事は、讀賣新聞社の許諾を得て転載しています。
著作権の説明について

ページの先頭へ

●くらしナビ 生活 Lifestyle 「日々 死に寄り添って」
 エンバーマーの金子さん 技術で悲しみ癒やす
 (毎日新聞 2008年10月6日)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

●遺体処置、在りし日の姿再び 悲しみ癒す技「匠ファイル」
 (日経MJ 2008年8月13日)

高校生のときにエンバーマーを志した宇屋は、入社後思わぬ幸運に恵まれて公益社の養成機関に学び、
念願のエンバーマー資格を取得。以来3年で800体を超えるエンバーミングにたずさわり、遺族の悲しみを
癒す技を追求する匠の姿が、エピソードを交えて紹介されました。

ページの先頭へ

●家族と話し合って準備したい 私の「エンディングノート」
 (朝日ファミリー北摂版 2008年8月1日号2面)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

●目で見る10分間マーケティング
 「気遣いなしの家族葬 静かに故人を送る 高齢化時代のお葬式」
 (日経BP社「日経ビジネスマネジメント ベストプラクティスシリーズVol.2」
 2008年7月30日号 p152-p153)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●あなたの“旅立ちと永遠”を支える人たち
 エンバーマー:褐益社エンバミングセンター 宇屋 貴
 (日経BP社「世界は仕事で満ちている〜誰もが知っている、でも誰も覗いたことのない
 38の仕事案内」降旗 学著 2008年6月16日初版 p208-p213)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

●あなたの“旅立ちと永遠”を支える人たち
 霊枢車製作者:関西自動車 中川親治
 (日経BP社「世界は仕事で満ちている〜誰もが知っている、でも誰も覗いたことのない
 38の仕事案内」降旗 学著 2008年6月16日初版 p238-p243)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

●「葬祭会館一斉見学会―公益社博覧会」プロジェクトの波及効果
 (表現文化社「SOGI」通巻105号 2008年5月10日発行p104-p107)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●キーマンが語る葬祭サービスの新ネットワーク戦略
 「消費者視点で、『信頼性』と『安定成長力』のあるネットワークを構築していきたい」
 燦ホールディングス(株)取締役副社長 古内耕太郎 
 (寺院・葬儀・仏壇仏具・墓地墓石をむすぶ情報誌「仏事」2008.7.1発行)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●「笑って一歩踏み出そう 伴侶亡くした人に落語を」
 落語会 ひだまり亭(ひだまりの会分科会)
 (神戸新聞 2008年4月3日号26面)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

●「大切な人の死によって出会えた人たちと生きる」
(朝日ファミリー阪神・北摂版 2008年3月21日号2面)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

●「葬儀・法要・相続・供養の最新ガイド「葬儀・法要どうしたら?事典」
 (高齢者健康福祉研究会編 土屋書店2008年3月18日発行)

(株)公益社が資料協力をしました。

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●News & Information 業界動向
 創業初の試み「公益社博覧会」、社員のアイデアで近畿圏17会館で開催
 (月刊フューネラルビジネス2008.4 No.137 2008年3月25日 p28)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●Close Up!供養編「変わる供養のカタチ かわいい仏壇・仏具登場」
(大阪日日新聞2008年3月15日)

 メディア掲載情報

ページの先頭へ

●「あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑」“葬祭ディレクター”
 (NHK教育テレビ2008年3月8日22:00〜22:25放送)

NHK教育テレビ「あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑」で、“葬祭ディレクター”をテーマに(株)公益社セレモニーサービス部 奥野あい子が紹介されました。
ページの先頭へ

●特集 葬祭サービスとしての遺体処理
 日本型メイク・エンバーミングを確立する教育&研修機関
 「葬儀社と一体の利点を活かす教育方針」公益社フューネラルサイエンスカレッジ
 (月刊フューネラルビジネス2008.3 No.136 2008年2月25日 p34-p35)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●降旗学の長目飛耳「旅立つ人と、“棟梁”の車」 
 (日経ビジネスオンラインマガジン「NBonline」2008年2月22日)

霊柩車の製作に携わる関西自動車(株) 中川親治が紹介されました。
ページの先頭へ

●今月の職業「葬祭ディレクター〜葬祭を取り仕切るディレクター職」
 葬祭ディレクターインタビュー:(株)公益社セレモニーサービス部 安宅秀中  
 (社団法人雇用問題研究会発行「職業安定広報」2月号2008.2.6発行p27)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●「勉強してきましたクイズ ガリベン!」(テレビ朝日2008年2月16日19:00〜19:57放送)

“冠婚葬祭”をテーマにした番組VTRに(株)公益社セレモニーサービス部 田中大敬が出 演しました。

ページの先頭へ

●特集 葬儀における「飲食強化」戦略
 「外食展開と葬儀料理の両立てでファンづくりとブランド確立を目指す」(株)デフィ
 (月刊フューネラルビジネス2008.2 No.135 2008年1月25日)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●冠婚葬祭市場最前線を紹介(大阪日日新聞2008年2月3日)

 メディア掲載情報

ページの先頭へ

●新年号特別企画・平成20年代の葬儀業界を展望する
 「首都圏市場に最注力し、M&A等で業容拡大する」燦ホールディングス(株)小西幸治社長 
 (寺院・葬儀・仏壇仏具・墓地墓石をむすぶ情報誌「仏事」2008.1.1発行)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●「筑紫哲也 NEWS23」(TBSテレビ2007年12月24日22:54〜24:25放送)

TBSテレビ「筑紫哲也 NEWS23」特集“生活破壊”において、公益社 ステラ玉出営業所が紹介されました。

●「マリー・アントワネット」(フジテレビ2007年12月11日19:00〜20:54放送)

フジテレビ番組「マリー・アントワネット」の中で、タイトル『噂よ お葬式マニュアル』のVTR撮影協力を「公益社会館 たまプラーザ」において行いました。

●「なるトモ!」(読売テレビ2007年11月27日(火)9:55〜11:22放送)

読売テレビ番組「なるトモ!」再現VTRの撮影協力を「公益社研修所施設」において行いました。

ページの先頭へ

●おおさか優良緑化賞「知事賞」に3施設(産経新聞2007年12月13日)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

●これからの斎場REPORT『公益社会館 たまプラーザ』
 (表現文化社「SOGI」通巻102号2007年11月10日発刊p93-p95)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●特集*最期のときも自分らしく『生前葬は告別式の一種 節目のイベントと気楽に考えて』
(シニアの為の快適生活情報誌「もも百歳」2007年冬号p17)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●公益社千里会館が第14回大阪・心ふれあうまちづくり賞にて大阪府知事特別賞を受賞

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●町村部でも自宅葬から会館葬へ『市場拡大する葬儀ビジネス』
(「山陰経済ウィークリー」2007年10月30日発刊p2-p4)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●『デフイ、大阪・四際畷に「なごみ庵きたはま」3号店 高品質な会食料理を追求・提案』
 (月刊フューネラルビジネス2007.12 No.133)

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●第31回死の臨床研究会年次大会<心の声を聴く―とどいていますか?大切なメッセージ ―
 「葬儀社によるグリーフケアの試み(4)―グリーフケア関連ビデオの制作―」
 (株)公益社 執行役員 廣江 輝夫、出渕 豊 発表
 (2007年11月11日熊本県立劇場)

メディア掲載情報  メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●第五章 弔事のマナー (株)公益社執行役員 廣江輝夫監修・指導 
 (小学館「冠婚葬祭マナー事典」2007年10月30日初版 p226-p352) 

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ
●くらしナビ「生前葬 思いさまざま」(毎日新聞2007年10月12日)

 メディア掲載情報

ページの先頭へ

●WILLインタビュー ―意志を生かす・遺すために考えるべきこと―
 インタビュー「見送りのプロが語る遺すべき言葉」(株)公益社執行役員 廣江輝夫
 (出版文化「WILLプロジェクト 間違いだらけの遺言を超える!」
 河合保弘著 2007年11月11日初版 p251-p255) 

メディア掲載情報  メディア掲載情報

ページの先頭へ

●BREAK-THROUGH「リスク・失敗を恐れず、行動力で果敢に突破を図る」
(日経ビジネスアソシエ2007年11月6日号
 Book in Book「MARUNOUCHI the Press vol.10 pM06」)

メディア掲載情報 メディア掲載情報

ページの先頭へ

●葬仙グリーフケア特集(上)「悲しみ癒やす支えに」(日本海新聞2007年9月29日)
●葬仙グリーフケア特集(下)「遺族同士共感の場」(日本海新聞2007年10月1日)

ページの先頭へ

●女子学生のためのハッピー★就職バイブル
「人気29職種のお仕事大図鑑 WorkFile29 葬祭コーディネーター:森川夏樹」
 (「日経WOMAN」2007年11月号別冊 p81)

メディア掲載情報 メディア掲載情報

ページの先頭へ

●「ズームインSUPER」(読売テレビ2007年9月18日 5:20〜8:00放送)

火曜日コーナー“大田くんEYE”の特集「最新版 葬儀ビジネス 徹底調査」の中で、葬 儀の生前予約をテーマに千里営業所の杉永がVTR出演しました。


番組で紹介されたビューイング葬

ページの先頭へ

●Close Up!仏壇編「変わる供養のカタチ 仏壇・仏具 伝統の流れに大きな変化」
 (大阪日日新聞2007年9月15日)

ページの先頭へ

●高級感とゆとりの総合葬儀式場「公益社千里会館」 
 (寺院・葬儀・仏壇仏具・墓地墓石をむすぶ情報誌「仏事」2007.9.1発行)

ページの先頭へ

●「情報ライブ・ミヤネ屋」(読売テレビ2007年9月10日15:50〜17:50放送)

読売テレビ番組「情報ライブ・ミヤネ屋」《9月10日(月)15:50〜17:50放送》におい て、特集「伴侶に先立たれたら〜いくらもらえる?遺産“争族”」の中で“悲しみを乗 り越えて”をテーマに『ひだまりの会』が紹介されました。
「ひだまりの会」については → こちら
ページの先頭へ

●特集“まずは「相手を知る」から始めるべし 有名企業と組む”  
 (企業情報誌「b-platz」2007.09 Vol.80)

<b-platz press に関するお問合せ>
財団法人大阪市都市型産業振興センター
http://www.sansokan.jp/
http://www.sansokan.jp/press/
ページの先頭へ

●特集 フューネラルビジネスシンポジウム2007講演ダイジェスト
 「燦ホールディングスグループ 公益社の事業戦略“新たな視点”」
 燦ホールディングス株式会社 専務取締役、株式会社公益社 専務取締役 古内耕太郎 講演
 (月刊フューネラルビジネス2007.9 No.130 2007年8月25日)

ページの先頭へ

●「ムーブ!」(朝日テレビ2007年8月28日15:49〜17:54放送)

朝日テレビ放送番組「ムーブ!」《8月28日(火)15:49〜17:54》特集『激変する葬儀 ビジネス』の中で、公益社専務取締役の古内耕太郎がインタビューに答えました。
ページの先頭へ

●Close Up!供養編「変わる供養のカタチ 手元供養 愛する人をいつも身近に」
 (大阪日日新聞2007年8月11日)

ページの先頭へ

●降旗学の長目飛耳「永遠のための最後の化粧」
 (日経ビジネスオンラインマガジン「NBonline」2007年8月10日)

職業としてのエンバーマーにスポットを当て、ドキュメントタッチでエンバーミングに ついてまとめられています。数年前、フリーライター降旗学氏が週刊ポストに掲載した 記事のリメイクです。
ページの先頭へ

●「モモコのOH!ソレ!み〜よ!」(関西テレビ2007年8月4日13:55〜14:25放送)

関西テレビ放送番組「モモコのOH!ソレ!み〜よ!」《8月4日(土)13:55〜14: 25》 特集『お盆のマナー〜お盆を機会に考えよう!いざお葬式のときに困らない方法』 の中で公益社 大阪本店 葬祭ディレクター尾上勇二がVTR出演しました。

ページの先頭へ

●イマドキの葬儀(中)「故人とゆっくりお別れを」(大阪日日新聞2007年6月15日)
●イマドキの葬儀(下)「遺族支える動き広がる」(大阪日日新聞2007年6月16日)

イマドキの葬儀(中)
「故人とゆっくりお別れを」
(大阪日日新聞2007年6月15日)
「エンバーミング」については → こちら
イマドキの葬儀(下)
「遺族支える動き広がる」
(大阪日日新聞2007年6月16日)
「ひだまりの会」については → こちら

ページの先頭へ

●連載「ザ仕事人」(日本経済新聞2007年6月19日付夕刊)

連載「ザ仕事人」(日本経済新聞2007年6月19日付夕刊)に “葬祭ディレクター”をテーマにセレモニーサービス部の 森川が紹介されました。

ページの先頭へ

● こころのページ 「弔い」に人間の本質 葬儀後も遺族サポート
 (讀賣新聞2007年3月20日付夕刊(大阪版))

メディア掲載情報

左記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止 いたします。
讀賣新聞2007年3月20日付夕刊(大阪版)
この記事は、讀賣新聞社の許諾を得て転載しています。
著作権の説明について

ページの先頭へ

●哀しみを診る 大学病院に「遺族外来」
 (「読売ウィークリー」2007年3月18日号 p24-p25)

メディア掲載情報 メディア掲載情報

「ひだまりの会」についてはこちら
ページの先頭へ

●エンディング(葬儀)サービスからライフサポートビジネスへ。
 進化し続ける業界のリーディングカンパニー
 (現代書林「知られざる日本の優秀企業2008年版」日下公人監修 2007年3月6日初版
 p74-p93) 

「日本経済の未来を見据える名ナビゲーターが監修!経営理念・独自性・企業力から見 えてくる心の実力企業群」として、企業文化に注目が集まる、エクセレント・カンパニ ー7社を徹底紹介した本です。そのひとつとして公益社が取り上げられました。

メディア掲載情報   メディア掲載情報

ページの先頭へ

遺族との接し方を学ぶ 僧侶 葬儀社グリーフケア講習会
(中外日報2006年10月21日掲載)

メディア掲載情報「ひだまりの会」についてはこちら 

ページの先頭へ

●ハッピー職種★大図鑑「いま注目したいのはこんな職種!
WorkFile30 葬祭コーディ ネーター:セレモニーサービス部 森川夏樹」
 (「日経WOMAN」2006年11月号 p45)

メディア掲載情報 メディア掲載情報

ページの先頭へ

● 大阪・公益社「ひだまりの会」の活動に見るグリーフサポートについて
 (表現文化社 「SOGI」通巻95号2006年9月10日掲載)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

● 生前葬(小学館トレンドマガジン「ダイム」2006年2月21日掲載)

メディア掲載情報

ページの先頭へ

● 葬儀社が心のケアも(読売新聞2006年2月3日掲載)

メディア掲載情報

 大阪府などを中心に年間1万件以上の葬儀を行う公益社(大阪市)。初対面の男女6人が先月半ばのある日、本社ビル内の「分かち合いの部屋」で、夫や妻など最愛の人を亡くした悲しみを吐露し合っていた。
 「よく眠ることができないので、心療内科で薬をもらっているのです」。40歳代前半の女性がポツリポツリと話し始めた。3年前、がんが見つかってから3か月後、夫は女性と小さな子どもを残して、この世を去った。その後は、ただ朝と夜が繰り返されるだけの日々。病院では「明るくして笑っていないと、子どもに心配をかける」と言われ、友人や親類は「気を取り直して頑張って」と声を掛ける。
 「でも、これ以上は頑張れない。とてもしんどい。周囲の楽しい会話や町中の幸せな光景が、とても腹立たしくて」。そこまで言うと、女性の目から涙があふれた。
 「そうよね。頑張れないわよね」「私も大好きな百貨店に行けなくなった」。黙って話を聞いていた人たちも目頭を押さえながら、女性の気持ちを分かち合った。

* 死別の悲しみを癒し、故人のいない環境に慣れていくことを支援する「グリーフケア」。公益社は2003年12月、同社で葬儀を施行した遺族らを会員とするグリーフケアの場「ひだまりの会」をつくった。利用者の意見を聞く「お客様係」に、故人との思い出や一人暮らしの孤独さなどを訴える声が多く寄せられていたことがきっかけだ。社内に勉強会を設置し、臨床心理士など専門家に協力を求めるなどして活動を始めた。
 会では毎月1回、会員同士が体験談を話し合うほか、「料理教室」「世界遺産研究会」など、個人の趣味をいかした分科会などを随時開く。当初50人ほどだった会員は今では260人を超えた。
 「互いに支え合い、学び合うことで、次第に会員の表情が変わっていきます。生きている人の手助けもする葬儀社があって良いのではないでしょうか」と、会を取りまとめる出口久美さんは言う。

* 大阪大学大学院人間科学研究科で臨床死生学を専攻する舩原徹雄さんが昨年、葬儀社のグリーフケアについてアンケートしたところ、回答を寄せた前国177の葬儀社のうち、遺族が集まる定期的な会合を行っているのは、7社(4%)。しかし、60社(34%)は「行っていないが関心はある」と回答。「葬儀社が継続的に遺族のグリーフケアを行うことは必要か」との問いには、127社(72%)が必要と答えていた。
 舩原さんは「今は、寺などを中心とした地域社会が崩壊し、家族でさえもバラバラの時代。葬儀だけではなく、心のケアについても葬儀社が補完するという新しい形が出始めている」と話している。

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。

讀賣新聞2006年2月3日付(東京版)
この記事は、讀賣新聞社の許諾を得て転載しています。
著作権の説明について

ページの先頭へ

● 住信と代理店契約 公益社、遺産整理など(讀賣新聞2005年9月23日掲載)

メディア掲載情報 

燦ホールディングスは22日、子会社で葬儀事業の公益社(大阪市)が、住友信託銀行と代理店契約を結んだと発表した。住友信託銀が手がける遺言の作成や保管、遺産整理などの業務を、公益社の葬儀場などに併設する17か所の営業所で、10月1日から仲介する。

上記、記事について無断で複製、送信、出版、頒布する等著作権を侵害する行為を禁止いたします。

讀賣新聞2005年9月23日付(大阪版)
この記事は、讀賣新聞社の許諾を得て転載しています。
著作権の説明について

 

ページの先頭へ

Copyright(C) San Holdings,Inc. All Rights Reserved. サイト利用にあたって サイトマップ